メニュー

CSRへの取り組み

当社では、企業の社会的責任(CSR)を果たすべく、地域のイベントや、環境活動へ積極的に参加をしています。
また環境問題への配慮として東急グループの「4R運動」 Refuse(断る・使わない)
Reduce(減らす)
Reuse(再利用する)
Recycle(再生利用する)
の徹底を行っています。
その一例をご紹介させていただきます。

二子玉川クリーンタウン作戦

当社は、平成11年2月「世田谷区環境美化推進地区の指定に関する条例」により二子玉川駅周辺地区も環境美化推進地区として指定された当時より、毎月第1金曜日に玉川町会や二子玉川地区交通環境浄化推進協議会委員の方々、区立二子玉川小学校の児童とともに、「クリーンタウン作戦」と名づけた清掃・啓発活動に参加しています。

青葉区民まつり

毎年、青葉区総合庁舎をメイン会場とし、模擬店や小・中学生による演奏など、地域の皆さんが中心の催しと、キャラクターショー等で開催されます。
東急グループは東急宝市と称して、グループ各社および社員の家庭で不要となった物等を商品として販売し、売上は全額、青葉区の福祉協会に寄付を行い、毎年好評を得ています。

FSC森林認証制度(名刺・社封筒)

原材料となる木材を運ぶ運送会社、チップ製造や製紙会社、紙の卸・販売会社、そして印刷会社など行程に携わった全ての会社がFSC認証を受けているため、「いつ、どこの、どの森から切り出された」もので「適切に管理された森林から作られている」製品であることを証明できる制度です。
この制度により、森を育てる人から、木・紙製品を製造・販売する会社、そして製品を使う人までが一緒になって、世界の森林を健全にすることで、地球環境を
守ろうという仕組みです。このようにして製品化された紙を使って名刺・社封筒を作っています。

ページトップへ